小さな美術館 軽井沢草花館の概要

Museum information

 小さな美術館軽井沢草花館(ちいさなびじゅつかん かるいざわくさばなかん)は軽井沢の草花を愛し、描き続けた画家・石川功一の個人美術館です。
 軽井沢に自生する草花スケッチ3000余点(950種)と油彩画百数十点を所蔵し、毎年さまざまなかたちで企画展を開催しています。
 石川功一は野山に咲く草花本来の姿を描き残すために、自らスケッチ道具を担いで軽井沢の山地へ出かけ、写真に収めたり、採取して持ち帰ることはせず、その場で草花のスケッチを完成させることにこだわりました。満70歳(2007年)で亡くなるまでに、25年の期間をかけて軽井沢全土を駆け巡り、数多くの作品を残していきました。石川功一のアトリエは、主に軽井沢の自然の中でした。

開催中 石川功一 × おくやまひさし「軽井沢のおいしい山菜・木の実」展 火曜休館

美術館/Museum 石川功一略歴・作品/Koichi Ishikawa その他の情報/Goods
アクセス / Access Google Map 略歴・年譜 / Career summary オリジナル商品 / Postcard
展示案内/exhibition ←詳細 草花スケッチ / Water color 改訂増補版軽井沢花だよりnew
施設案内 館外&館内 / Indoor 草花油彩画 / Oil color 一花草クラブ案内 / members
ブログ「ゆうすげ日記」/ Blog その他作品 / Portrait, Other  

 

掲載の記事・画像の無断使用を禁じます。すべての著作権は小さな美術館軽井沢草花館に帰属します

Copyright© 2000 - Petit Museum KARUIZAWA KUSABANAKAN. All Rights reserved.